私の大恩人の岡村俊典さんが亡くなりました。

私が20年以上、因島水軍まつり 火まつりの
進行奉行をさせていただいたのも、
岡村さんとのご縁がきっかけです。

岡村さんが亡くなった翌日の中国新聞です。

私と岡村さんとのご縁は、25年くらい前。
「どっこい神田の日めくりテレビ」のレポータをしていた時、
市町村同士の対決コーナーがあり、
私が因島市の応援団長で他の地区との対決でした。
(どこの地域か忘れました)

たまたま応援団になったこと、
そのあと、因島を舞台にしたミュージカル「ちから娘」で共演し
水軍まつりの司会をすることになりました。

1991年に始まったお祭り、
このくらいの規模でした。 1991年8月30日

ずーっと一緒に司会をしていた嶋田さん

打ち上げはいつも岡村さんと高橋はにゃはにゃさんと一緒でした。

ちなみに今はこんな感じです。

お祭りの締めは、村上水軍陣太鼓の演奏。

今年も甲冑を着て、こっそり参加しておりました。

img_5371.jpg

7,8年前でしょうか?

本番はいつも赤の一色さんと一緒でした。

台本には、岡村さんの字で私の名前が書いてあります。

img_0746_original.jpg

台本のそばにビール。

IMG_0743 (1)

打ち合わせもこんな感じ。

しかし、本番は・・・・

img_1923.jpg

かっこいいんですね〜

img_1924.jpg

岡村さんの字がとっても特徴があるんです。

img_1925.jpg

13年前、私の結婚式でも、水軍太鼓の皆さんに演奏して、
勝鬨をあげていただきました。

とってもとっても嬉しかったです。

出棺は水軍太鼓の演奏でお送りされました。

泣きながら録画していました。

岡村さんはお会いすると必ず、
「中本 ありがとの〜」と言ってくださいます。

「岡村さん、本当にありがとうございました。」
寂しいですが、ご冥福をお祈ります。

  • にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)