帰ったら子供たちが起きて待っててくれて、
祝ってくれました!

 

ウルウルしながら、
ブログを書いている、

世界中の人々のご縁を繋ぎ、
笑顔と感動を与え続ける、
広告マン中本真吾です。

 

会社を設立したのは22年前、
地蔵通りで少年野球時代の先輩にばったり。

 

話をしたら銀行員で、
「法人化した方が良い」とアドバイスを受け
あっさり法人成りすることに。

先輩に資本金300万預けました。
写真を撮っているのは疑っていたのでしょうか・・・

会社設立_original-1.jpg

法務局の前でパシリ。

有限会社大蔵笑ができると思ったら…。
法務局から、まさかの改名のお願い。

「法人名がおおくらしょうが、まずくて。」

 

「前確認したらオッケーと言われたじゃないですか?」

 

「確かに言いましたが、
上から音声がオオクラショウがまずいとなりまして
通すには、結構時間がかかりまして
通称として大蔵笑で営業するのは
良いのですが、登記の方が。」

 

「大蔵省はまもなく財務省になるから良いじゃないですか?」

 

「そうなれば、改名しても大丈夫ですので

 

「わかりました。」

この時は素直でした。

そこで、どんな名前にするか?

IMG_5661

一番上の「大蔵笑社」にして、
ゴム印なんかも「社」を取ればいいと安易でした。

 

ちなみに「一獲千金社」にしていたら、
どんな会社になっていたでしょうか?

 

そんなこともあり、
色々と記事になったこともありました。

 

IMG_5659

IMG_5658

 

あっさり認めたのは、
資本金を当てにして、設立パーティーをするので、
資本金が使えなかったら、パーティーができなかったからです。

創立メンバーの河口君の髪が長かったので、
断髪式をしたり。

元NHKのチーフアナウンサーで
当時ワイドスクランブルのキャスターだった、
中村克洋さんも後援会長を引き受けてくださり、
東京から駆けつけてくださり、

元広島東洋カープの広報室長だった、
池田博彦さんが相談役になってくださりと、
門出を祝ってくださいました。

 

そんなこんなで、23年目のスタート。

コロナ禍で沈んだ街を、
大いに盛り上げて行きますよ〜。

みなさん、
これからもよろしくお願いいたします!

  • にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

2 thoughts on “23年目スタート!本日は大蔵笑設立記念日です!

  1. 大蔵笑とは、「金より大切なものがある」と言ってお金を笑い飛ばしているのですね。またお金とはエネルギーだといいます。が「笑エネルギーに勝るものなし」と主張しているのですね。 1995年に河野康弘さんと一緒に「ワッハハ60分一本笑舞」という ワッハハ ワッハハ ワッハワッハワッハハ というサンサン七拍子の声しか入っていないCDを100万円かけ2000枚つくったことがあります。ジャズメン5と「ひとひとは作業所」の障がい者の仲間と一緒に作った経験があります。 コロナ禍の時代に「笑い」は必要ですね。ワッハッハの紹介のブログです。 https://kasosaka.blog.fc2.com/blog-date-20200414.html  益々「大蔵笑」が発展することを祈っています。 宮崎文隆          

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)